あえば浩明(あえば直道)幸福実現党初代党首!youtubeやツイッターは?メディア情報も

NO IMAGE

現在、政治情勢も選挙が近づくにつれて、さまざまな党がオピニオンを発信しています。 そのような状況の中で、色々な党の名前をテレビやネットで聞く機会があると思いますが、 「幸福実現党」という政党をご存知でしょうか?

宗教法人「幸福の科学」を母体として結成された幸福実現党は、本部を東京メトロ溜池山王駅の近くにある幸福の科学のユートピア推進活動館に構え、全国に支部や拠点を持っています。

党の理念と政策に賛同する18歳以上の人間であれば、入党することができ、党費を入金した日から1年間党員資格を有するとのことです。

2019年より、国政選挙に候補者の擁立、また各種地方自治体の選挙でも多くの当選者を出しており、 延べ61名、議員として活動を行なっていました。 政治主張としては、「日本ファースト」を打ち出しており、 国益を守り、日本を世界の平和・繁栄・正義の実現に貢献できる国家を目指しているとのことです。

また、日本の政党では、唯一天皇制を維持した形での、「議院内閣制の廃止」と「大統領制の導入」を掲げています。 今回は、幸福実現党の初代党首あえば浩明(あえば直道)に注目して、氏のこれまでの経歴や活動について調査を行いました。

あえば浩明

あえば浩明(あえば直道)とは

あえば浩明氏は、政治評論家であり、一般社団法人JCU(日本保守連合)議長なども務めています。 主な経歴は以下となっています。

  • 1967年神奈川県横浜市で生まれ、親は弁護士として活動していた。
  • 1973年 慶應義塾幼稚舎(小学校)に入学。その後慶應義塾大学へ進学。
  • 1989年大学時代に 幸福の科学に入会し、学生部・青年部の要職を務める
  • 1990年幸福の科学総合本部に入局
  • 2009年 饗庭直道として幸福実現党・党首に就任。2週間後、広報本部長に就任
  • 2013年 幸福実現党広報本部長から調査局長に就任
  • 2015年 幸福実現党役員を退任後、一般社団法人JCUを設立。専務理事に就任。

弁護士一家に生まれ、法学部に進学を行うなど、生来政治や法律に興味をもち、 ライフワークとして活動を行なっているようです。

あえば浩明

あえば浩明(あえば直道)のSNS情報!ツイッターやYouTube

あえば浩明氏は、FacebookやTwitterなどで、政治ニュースや社会的な出来事に対して、 日々発信を行っています。

直近ですと、アメリカ大統領選や、自民党総裁選などについてメッセージを発信しているようです。 また、Youtubeに関しては、個人でチャンネルを持っていないようですが、代表を務めるJCUの公式YouTubeチャンネルほか、 以下のような政治家、論客のチャンネルにも出演しているとのことです。

  • 松田 学代表 ( 松田政策研究所 ) との対談シリーズ
  • 「ニューソク通信社」チャンネルで、『日米首脳会談を米国最大保守はどうみる』と題し、ジャーナリストの須田慎一郎氏と対談。
あえば直道

あえば浩明(あえば直道)の学生時代の経歴

あえば浩明氏の学生時代は、学業と課外活動のどちらにも励んでいたようです。

高慶應義塾大学法学部在学中には憲法学者である小林節教授のゼミナール委員となり、大学2年時には毎年10月下旬に立命館大学で行われる全国規模の法律討論会「末川杯争奪 法律討論会(末川杯)」に出場し、優勝しています。

また、慶應義塾高等学校の学生時代より弓道を行っており、高校2年で神奈川県大会新人戦に出場、4位の実績。また、3年生の時、関東大会予選でも国体でも団体優勝し、インターハイ予選でも優勝しています。

あえば氏が、弓道に打ち込むきっかけとして、祖父とのエピソードがあります。 あえば氏は、高校一年生の時、祖父を亡くしています。

祖父は生前、あえば浩明が高校で弓術をやっていることを誇りに思っていたという話を聞き、天国の祖父を喜ばせるために、弓道に青春をかけてみようということを決心したそうです。

あえば浩明(あえば直道)と一般社団法人JCU

あえば氏は、一般社団法人JCU (The Japanese Conservative Union)の議長を務めています。 日本とアメリカの架け橋となるために設立された法人です。

「Conservative(保守)を定義する」「Conservative(保守)を育てる」「Conservative(保守)を勝ち取る」という三つの大きな活動方針を掲げています。

具体的には、米国共和党保守派や米国保守連合(ACU)から日米の要人を招き、最新の米国の状況や今後の日米関係に関する各種セミナー・イベントなどの開催しています。

さらに、一般社団法人JCUでは「Conservative(保守)」の理念に基づいた政策・社会を実現するため、実際の日本の政治家などへのロビー活動、運動支援・組織化などに取り組んでいます。日米両国の政策決定過程にいる人々へのアプローチ、両国世論に対する啓蒙・宣伝活動、 上記のセミナー・イベントなどの一環としての選挙プランニング支援や勉強会なども行なっています。

また、毎年日米の要人を招き、2017年から「CPAC JAPAN」と称したイベントを開催しています。 2020年は以下のような政治家、学者が登壇しました。

  • テッド・クルーズ:アメリカ合衆国上院議員(テキサス州選出)。弁護士。テキサス州訴訟長官、司法副次官(ブッシュ政権)を歴任。2016年には保守派の筆頭として共和党大統領候補としてトランプ大統領と争う。
  • ジム・マクローリン:トランプ氏の選挙対策本部 投票責任者。世論調査の専門家として知られる戦略コンサルタント。多数の上下院議員、州知事、市長その他公職の選出に貢献。
  • 長尾敬:衆議院議員(大阪14区)。元内閣府大臣政務官。立命館大学経営学部経営学科を卒業、明治生命保険相互会社を経て衆議院議員に当選。保守派議連「日本の尊厳と国益を護る会」副代表幹事。
あえば浩明

あえば浩明(あえば直道)これまでのメディア出演や掲載情報は?

あえば氏は、さまざまな本の出版、寄稿、メディア出演を行っています。

<著作>

  • 『最強国家 ― 日本の決断』文芸社
  • 『トランプ革命』双葉社
  • 『クリントン・キャッシュ』著:ピーター・シュヴァイツァー、監修:あえば直道、発行:LUFTメディアコミュニケーション
  • 『大統領の風水』著:小林照弘、監修:あえば直道
  • 『トランプのアメリカ アメリカ―その「偉大なる復活」の真相』著:ニュート・ギングリッチ、監修:あえば直道、発行:産経新聞出版

<寄稿>

  • 2012年4月 アメリカのオピニオン誌”The Atlantic”『月刊誌「アトランティック」5月1日号』インタビュー掲載
  • 2012年11月2日発売『夕刊フジ』11月3日号「激戦 11・6米国大統領選挙の舞台裏」掲載
  • 2013年6月25日発売『月刊「WiLL」2013年8月号』アメリカ現地レポート「中韓ロビイ活動にこう対抗せよ」掲載
  • 2013年12月20日発売『月刊「WiLL」2014年2月号』現地レポート「中国のアフリカ侵略を食い止めろ」掲載
  • 2014年3月28日発売『夕刊フジ』3月29日号「オバマケアの代替案もつ“有力候補”ベン・カーソン氏に注目 饗庭直道氏に聞く」掲載
  • 2014年11月25日発売『月刊「WiLL」2015年1月号』「反日運動の黒幕『抗日連合会』に極秘潜入!」掲載

<テレビ>

  • 2016年5月29日放送 – フジテレビ系列『新報道2001』出演「ドナルド・トランプ自身が『クリントン・キャッシュ』を取り上げている」
  • 2016年7月9日放送 – TOKYO MXテレビほか『淳と隆の週刊リテラシー』出演
  • 2016年7月21日放送 – フジテレビ系列『ユアタイム~あなたの時間~』出演
  • 2016年10月2日放送 – テレビ朝日系列『坂上・美輪のニュースにダマされるな』出演
あえば直道
あえば直道氏の著作「最強国家 日本の決断」

まとめ

いかがでしたでしょうか? あえば氏の経歴などから、彼の政治主義や思考がお分かりいただけたかと思います。

今後の政治を考える材料にしていただけると幸いです。

概要

  • 名称 あえば浩明/あえば直道
  • 誕生日 1967年(昭和42年)1月5日
  • 出身地 神奈川県横浜市
  • 出身校 慶應義塾大学法学部法律学科
  • 肩書 一般社団法人JUC(日本保守連合)議長 実績 幸福実現党初代党首
  • 所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座1-22-11 銀座大竹ビジデンス2階(一般社団法人JCU)

商品・サービスカテゴリの最新記事