社長

1/3ページ

個別指導塾の高桑正史学習塾についてどのような塾なのかまとめてみました!

日本では幼稚園受験から大学受験まで、受験対策のために塾に通うことを選択する家庭が増えてきています。全国には多くの学習塾が存在し、大手進学塾から個人経営の家庭的な塾まで事業形態や特徴が様々です。受験対策 […]

SalesX(セールスエックス)の事業内容は?社長の宮西 恭平氏や求人情報についても調査しました!

テレワークやリモートワークが急速に広がるなど働き方が変わり、あらゆる業種がデジタル化の必要性、活用に迫られています。そうした状況を背景に、懸命に努力する数々の中小企業を「少しでも応援したい」「世の中の労働生産性向上に貢献したい」との思いで2020年に設立されたのが、株式会社SalesX(セールスエックス)。ますます需要が高まることが予想されるSaaSサービスを提供する企業として、注目されている株式会社SalesX(セールスエックス)。今回はその株式会社SalesX(セールスエックス)と代表取締役CEOの宮西恭平氏について調べてみました。

中川康之社長が手掛ける関西コレクションについて調査しました

日本最大級のファッションイベントとして有名な関西コレクション。ファッションのイベントといえば誰もが「関西コレクション」とイメージされるのではないでしょうか。今回は、関西コレクションとはどういったイベントなのか、ということについてや日本最大級のファッションイベントを開催し続ける運営元の関西コレクション株式会社、代表をつとめる中川康之氏について調査してみました。

フジテックはどんな会社?事業内容や採用情報などについて迫る!

健康のために歩くことは大切ですが、重い荷物を持っていたり、小さな子供と歩いていたり、足が不自由な方には、上下の階を移動するのにエレベータやエスカレータは欠かせません。筆者は3階建家屋の3階に住んだことがありますが、エレベータがなく、思い買い物の荷物を抱えて階段の登り下りをするのが非常に辛かったことを覚えています。日本の都市部には高層ビルや高層マンションが立ち並び、その中にエレベータが無かったら上層階へ行くためには長い階段を登ることになります。広いショッピングモールでも、エスカレータがあることでスムーズに移動が可能になっていますよね。エレベータやエスカレータがあることはもはや当たり前の光景になっていますが、それは今や人々の生活になくてはならないものだからだと思います。このエレベータやエスカレータの開発・製造・販売・据付・保守に至るまで全てを担っているフジテック株式会社をご存知ですか?今回は、エレベータやエスカレータのリーディングカンパニーとして活躍し続けるフジテック株式会社について、調査しました。

横浜倉庫株式会社の代表取締役を務めた小紫芳夫氏はどんな人物なのか?

日本には、創業100年以上の老舗企業が多く存在しています。明治39年9月に設立された横浜倉庫株式会社も日本を誇る老舗企業のひとつとして有名です。社名の通り、横浜倉庫は横浜にて倉庫会社として設立されました。みなさんは横浜倉庫株式会社の歴代社長の中の一人、小紫芳夫氏という人物をご存知でしょうか。小紫芳夫氏は横浜倉庫株式会社の社長・会長職にとどまらず、日本馬主協会連合会会長や日本臓器移植ネットワーク会長も同時に務めるという幅広い分野での活躍を成し遂げてきました。なぜ、そういった幅広い分野の経歴を持つのでしょうか。今回は、横浜倉庫株式会社をはじめ、日本馬主協会連合会や日本臓器移植ネットワークについての調査を通じて小紫芳夫氏の謎に迫っていきます。

エクシア合同会社CEOで投資家の菊池翔氏の経歴は?移転した新社屋や求人情報などを調査しました

エクシア合同会社は、各種事業に投融資を行っている投資会社です。2015年に設立した際は、「エクシアジャパン合同会社」という社名でしたが、2019年に「エクシア合同会社」に社名を変更しています。 主な事業内容は「企業向け事業性投資事業」「個人向け投資不動産用融資事業」「外国為替証拠金取引等CFD取引での投資事業(自己資産運用)」です。

「子育てとお金の教室」を開催する石田竜吾氏はどんな人物?

不景気な日本で心配なのは、貯金や老後の資金。そんな悩みを抱えたママ・パパの疑問や不安を解消してくれるのが、「子育てとお金の教室」を開催している石田竜吾氏。石田氏のプロフィールや経歴、開催しているセミナーについて紹介します。

線虫がん検査N-NOSE(エヌノーズ)を研究・開発しているHIROTSUバイオサイエンス、社長・社員紹介から求人まで調査します!

新しいがん検査として注目されている「N-NOSE」をご存知ですか?東山紀之さんが出演するテレビCMをご覧になった方も多いのではないでしょうか。今後、がん検査が身近なものなるとして期待されています。今回は、その「N-NOSE」を研究・開発した株式会社HIROTSUバイオサイエンスについて、調査しました。

スチュアート・ギブソン(Stuart Gibson)氏とデータセンタービジネスに挑戦するESR

ICTの発達と共にインターネットやスマートフォンが普及し、eコマース(EC、電子商取引)など新たなビジネスが生まれ、急速に発展しています。またeコマースの拡大と時を同じくして、物流ビジネスも変革を遂げました。倉庫や物流拠点に不動産の考え方が持ち込まれ、ディベロッパーが投資家から集めた資金をもとに物流施設を開発して賃料収入を収受する、新たな「物流不動産」のビジネスモデルにより、大型化・効率化された賃貸型物流施設が急速に増加しています。 近年、それら「ニューエコノミー不動産」(先進的物流施設・データセンター)を開発・運営するESRと、同社を率いるスチュアート・ギブソン(Stuart Gibson)氏が注目を浴びています。

1 3