DreamFinanceは仮想通貨?取引所で購入できる?Twitterアカウントや口コミ・評判についても調査しました。

<strong>DreamFinanceは仮想通貨?取引所で購入できる?Twitterアカウントや口コミ・評判についても調査しました。</strong>

dream_finance

DreamFinance(ドリームファイナンス)とは、仮想通貨技術を絡めた金融サービス「DeFi」のひとつ。こちらは仮装通貨取引所においてまだ上場していないため、初めて耳にする方も多いかもしれません。今回はこのDreamFinance(ドリームファイナンス)について調べてみました。

DreamFinanceについて

まずは、DreamFinance(ドリームファイナンス)がどういったものなのか見ていきたいと思います。

DSHジャパンという投資コミュニティが薦める仮想通貨DreamFinance

<運用方法について>

DSHジャパンという投資コミュニティに参加することで、DeFiサービスである「DreamFinance(ドリームファイナンス)」の紹介を受けられるようです。「DeFi」とは、仮想通貨技術を絡めた金融サービスであり、DeFiサービスに資金を預けて金利を受け取ることや、仮想通貨の貸し借りを行うことができます。DreamFinance(ドリームファイナンス)に資金を預け入れると、DFという仮想通貨を金利として受け取ることができるようになります。

<DSHについて>

DSHジャパンは仮想通貨投資の勉強会を開催する会員制コミュニティです。参加しようと思って気軽に入れるコミュニティではなく、紹介を受けなければ参加できない仕組みになっています。DSHジャパンの目的は「仮想通貨の最前線を学び、稼げる可能性の高い分野から乗り遅れないようにしよう」というものだそうです。

<通常では購入できない仮想通貨が買える>

DSHジャパンには海外とのパイプがあり、今後高騰期待の仮想通貨を購入できるチャンスに恵まれるそう。つまり一般の投資家には出回ることのないような仮想通貨を購入できるということのようです。

公式Twitterアカウントは2022年2月に誕生

DreamFinance(ドリームファイナンス)の公式Twitterアカウントも運用されています。

https://mobile.twitter.com/dream_finance_

DreamFinanceの運営会社について

運営はどのような会社が行なっているのか調べてみました。

香港のDreamFinanceTEAMが運営するDreamFinance

DreamFinance(ドリームファイナンス)の問い合わせ先情報を確認すると、DREAM FINANCE TEAMとして香港に事務所を持ってるという情報が記載されていました。ただし、この住所はどうやらオフィス住所の途中までしか記載されていないようです。運営会社は香港の湾仔という地区にある「Queeus Road East」にあるという情報しか明記されていませんでした。また、香港内の企業を調査出来るウェブサイトでDREAM FINANCEやDREAMFINANCEなどのキーワードで検索をしても、DREAMFINANCEの運営会社と思われる企業の情報は見つからないようです。

国際金融都市・香港

そもそも香港自体が国際的に競争力の高い金融都市であることは広く知られています。富裕人口も非常に多く、およそ11世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を保有しているとも言われ、個人資産10億ドル以上を保有する大富豪はニューヨークに次いで世界2位であるとの記事もあります。

DreamFinanceのメリット・デメリットについて

それでは、DreamFinance(ドリームファイナンス)のメリットとデメリットはどんなものなのでしょうか。

DreamFinanceの仕組み・DeFiのシステム

DreamFinance(ドリームファイナンス)は、DeFi(ディーファイ)サービスの一つです。DeFi(ディーファイ)とは、Decentralized Financeの頭文字を取って略したもので、一般に”分散金融/分散型金融”などと訳されます。 いわゆるDeFiに属するサービスは、銀行や証券会社のような役割を果たす個々のプロトコル(コントラクト)群によって構成されます。これまでインターネット上で提供されていた金融サービスと比較して、集権的な管理者が存在せずアクセス元の国家や利用者のバックグラウンドを選ばず誰にでも提供されることから、分散金融(Decentralized Finance)、あるいはOpen Finance (Op-Fi)などと呼ばれています。

DreamFinanceの仕組み・DeFiによって出来る事

誰もが自由に保有する資産を選びアクセスすることを可能にするDeFi(ディーファイ)サービスですが、具体的にどのようなサービスが実現されるのでしょうか?すでに動いている事例のひとつがこちらです。

<Maker(メーカー)>

イーサリアムのネットワーク通貨”イーサ(ETH)”を担保に米ドル(USD)と価値が紐づく”ステーブルコイン”を発行し保有することができるサービス。日本では比較的誰もが、銀行やその他金融サービスにアクセスすることができますが、一部の国では米ドルとの交換レートが制限されていたり、そもそも銀行口座すら作ることができないといった制約があります。Makerは、こういった既存の米ドルに、経済的、政治的、物理的にアクセスができない人々に対して、ネット上で自由にやり取りできる米ドル(DAI)を生成することで、自由なアクセスを提供しています。

DreamFinanceの入手方法について

では、DreamFinance(ドリームファイナンス)はどのように入手するのでしょうか。

バイナンス経由で購入する方法

一つが、バイナンスというサイト経由で購入する方法があります。ステップガイドに従ってBinance Accountを使用して仮想通貨ウォレットを分散型取引所 (DEX) に接続し、ベース通貨を購入してDreamを購入する方法を紹介しています。興味のある方は以下に詳しく紹介されています。

https://www.binance.com/ja/how-to-buy/dream

DreamFinanceの口コミ・評判について

DreamFinance(ドリームファイナンス)の口コミ、評判についても見てみました。

まだ上場する前のコインなのであまり情報が流出していない

SNSなどを見てみても、公式Twitterアカウントが2022年2月に出来たばかりなので、情報があまりありません。また、会員制のコミュニティで紹介されるサービスであり取引所の上場がない為、現時点では評判の良し悪しがあまり得られませんでした。口コミ・評判は今後どんどんでてくると思いますので、今後に期待しましょう!

まとめ

今回は、仮想通貨「DreamFinance(ドリームファイナンス)」について調査しました。DSHジャパンという投資コミュニティに参加することで紹介を受けられる、同サービス。今後上場した際にはその価値の上昇が期待できますので、これからの動向に注目していきたいと思います。

企業カテゴリの最新記事