傳田弘顕は何者?トラストの創業者であり代表の経歴に迫る!

NO IMAGE

はじめに

SNS等が盛んになった今、新たに注目されているのがマーケテイングではないでしょうか。マーケテイングを一言で説明するならば「儲け続けられる仕組みをつくること」です。良い物を作ってもなかなかうまく売れないという時代。一方で、同じ状況下でも売り上げを伸ばしている企業も存在します。デフレ経済の影響で平均的な所得の減少に伴って消費量も確かに減少しつつあります。無駄な買い物をしないよう、購入する消費やサービスに優先順位をつけることで予算の範囲内でうまくやり繰りしていくというケースが多いですね。

では、自社商品やサービスを優先的に手にとってもらうにはどうすれば良いのでしょうか。ここでキーワードを握るのが「マーケテイング」なんですね。

このマーケテイングをメイン事業として掲げるトラスト。傳田弘顕氏が創立者であり代表を務めています。一体どのようなサービスを行っているのか?傳田弘顕氏のプロフィールや経歴など気になることをまとめましたので見ていきましょう。

傳田弘顕って何者?

傳田弘顕氏は、2021年1月に渋谷区道玄坂にトラストを設立しました。1987年1月4日生まれで2021年現在34歳となります。東京都狛江市の出身で帝京高校から帝京大学を卒業しました。学生時代は、クラブ、部活、サークルと卓球に打ち込んできました。卓球は1時間でおよそ250kcalもエネルギーを消費することができるため運動不足や生活習慣病に効くと言われています。身体全体を満遍なく動かすことにより姿勢を良くする効果も。最近の研究で分かったのが「卓球による脳の活性化」です。他のスポーツよりも球のスピードが速いため、瞬間判断力が自然に身についていきます。瞬時に飛んでくる球に合わせて動かねばならないため脳が刺激されるという仕組みです。

傳田弘顕氏は、長年の卓球経験により動体視力や反射神経が鍛えられています。瞬時に判断する能力、冷静に物事を見ることができるなど経営者として不可欠な能力に長けているということがわかります。

傳田弘顕氏の趣味

傳田弘顕氏の趣味は卓球だけではありません。両親の影響によりスポーツ全般が好きでプレイヤーとしても試合観戦も行います。特に、草野球は小さなチームに所属していますし、サッカー部の友人が多かったこともあり今でも集ってはサッカーを楽しんでいます。現在は、大人数で集まることも難しいため、熱中しているのが24時間年中無休のスポーツジムです。仕事終わりから帰宅までの間にジムで鍛えることが日課となっています。お気に入りのトレーニングはデッドリフトとベンチプレス。卓球では足腰を中心に鍛えられていたため、上半身を鍛えることができるこの2つのトレーニングは新鮮で鍛えがいがあるのだとか。

傳田弘顕氏のトラストについて

2021年に設立したトラスト。大学卒業後に都内の出版系の会社にて10年以上活躍してきた経験を持つ 傳田弘顕氏。これまでの経験を活かし、トラストでも各メディアの出版・印刷やポスティングにWEBマーケテイングなども専門に事業展開しています。

現在、出版・印刷の専門家、WEBマーケテイングの専門家が在籍しているため、クライアントの要望に十二分に応えられる環境が整っています。出版・印刷では、 傳田弘顕氏のコネクションやノウハウを用いて、広告は出版物のポスティングを請負い、検索エンジンを利用しない消費者向けの対応も。そしてWEBマーケテイングでは、SEO対策にMEO対策と検索エンジンの上位表示させる方法を熟知しているため集客アップに大きな効果が期待できると好評。

会社概要

  • 社名 トラスト
  • 代表者 傳田弘顕
  • 所在地 〒150-0043東京都渋谷区道玄坂2丁目10−12
  • 設立 2021年1月4日
  • 資本金 750万円
  • 従業員数 10名
  • 事業内容 出版、広告 / WEBマーケテイング ほか

商品・サービスカテゴリの最新記事