ビーネックステクノロジーズにエンジニアが集う理由とは?一体どんな会社?

ビーネックステクノロジーズにエンジニアが集う理由とは?一体どんな会社?

自動車、半導体、産業用ロボット、物流機器・装置、さらにはファクトリーオートメーションなど、最先端技術が要求される日本のものづくりにおいて、エンジニア不足の問題は各々の企業だけではなく、国家全体が解決に向けて取り組まなければならない課題ともいえるでしょう。株式会社ビーネックステクノロジーズは機電分野へのエンジニア派遣で注目されている企業です。同社のエンジニアたちは派遣先から高い評価を得ています。なぜビーネックステクノロジーズには優秀なエンジニアが集まるのでしょうか。それは同社がエンジニアが安心して働ける環境を作り、サポートしていく体制を整えているからだといいます。

Open Businessではビーネックステクノロジーズのビジョンや事業内容について調査を行ったのでご紹介していきます。

Open Business(オープンビジネス)はアフィリエイト、広告収入等を目的として取材費や制作費、あるいは掲載費などをいただいて記事を掲載しています。

ビーネックステクノロジーズが目指すもの

ビーネックステクノロジーズ
ビーネックステクノロジーズウエブサイトより

ビーネックステクノロジーズの足跡は、前身となる旧株式会社ビーネックスグループまで遡ります。

  • 1997年:障がい者雇用を行う共生産業株式会社(現株式会社夢真ビーネックスグループ)設立されます
  • 2004年:人材サービス事業を開始し、株式会社トラストワークスサンエーへ社名変更します
  • 2005年:技術者派遣を行う株式会社トラスト・テックを子会社化、現在の事業の原形が作られます。
  • 2007年:ジャスダック証券取引所に上場
  • 2013年:8月に東京証券取引所市場第2部へ市場変更、12月に東京証券取引所市場第1部上場します。
  • 2015年:株式会社テクノパワーよりテクニカルソリューション事業部を譲受します
  • 2018年:子会社株式会社フュージョンアイが当社のIT・ソフト領域の事業を継承し、株式会社トラスト・アイパワーズに社名変更します
  • 2019年:子会社株式会社トラスト・アイパワーズと子会社株式会社トラスト・ネクストソリューションズが合併し、株式会社ビーネックスソリューションズに社名変更
  • 2020年:持株会社体制へ移行し、株式会社ビーネックスグループに社名変更、技術者派遣等の事業を株式会社ビーネックスグループから継承し、現在の株式会社ビーネックステクノロジーズに至ります。

ビーネックステクノロジーズの事業内容

ビーネックステクノロジーズ
ビーネックステクノロジーズウエブサイトより

ビーネックステクノロジーズは、機械・電気・IT分野でエンジニア人材の派遣を行なっています。では、具体的にどんなエンジニアを派遣しているのか見ていきましょう。

情報システム

業務系システムやアプリケーション開発、クラウド、DB構築、webシステム開発を行います。

ITインフラ

ネットワーク・サーバのコンサルティングから設計・構築、運用・保守まで行うサービスです。

組込・制御

自動車や産業用ロボット、半導体製造装置の制御ソフトウェア開発を行います。

機械

自動車・自動車部品、半導体、産業機械などのCADモデリングからCAE解析、設計開発を行います。

電気・電子

輸送用機器や産業機器、精密機器、半導体の電気回路設計を行います。

ビーネックステクノロジーズが掲げる理念

ビーネックステクノロジーズ
ビーネックステクノロジーズウエブサイトより

ビーネックステクノロジーズでは、「持続可能な社会」に向けて様々な理念を掲げています。
ミッションを遂行することで、ヴィジョンの実現、さらに社会に対してバリューの提供ができるとのことです。それでは、それぞれの項目について、詳しく紹介してみます。

▼Slogan:誰もが時代の「次」になる。

▼Mission:「次」に挑む、機会を創り続ける。

▼Vision:ひとりひとりが自分らしいキャリアを歩み、変革の原動力となる社会に。

▼Value:個の尊重、可能性の追求、社会との調和

この4つの理念は、それぞれ繋がっており、どれもかけてはならない目標だと同社は考えているようです。
また、バリューに関してはそれぞれ言語化を行なっています。

  • 個の尊重:ビーネックスは個の尊重を重視しており、ひとりひとりが持つ価値観や人間性をリスペクトすることは、すべての事業活動の基本と捉えています。前提として、それぞれの「個」に向上心がある必要はありますが、どんな小さな一歩でも問題ありません。
  • 可能性の追求:いかなるときも未来志向で考え、柔軟な発想でさまざまな選択肢を提案することはとても重要とのことです。一歩先を捉えて、可能性をひらくことは、人や組織の成長機会の創造につながります。
  • 社会との調和:法令や諸規制を遵守、事業を通じて社会課題の解決を行います。多彩な人材により、多様な価値の提供を目指しています。

近年ビーネックステクノロジーズは持続可能な開発目標にも取り組んでいます。

特に「成長・雇用」「保険」「ジェンダー」「イノベーション」「不平等」の5項目に注力しています。

そのためにも、

  • 様々な選択肢を提案
  • 一歩先をともに見据える
  • 成長機会を想像し続ける
  • 多様な人材の多様な価値を社会に提供する

のスキーム作りに取り組んでいます。

ビーネックステクノロジーズ
ビーネックステクノロジーズウエブサイトより

ビーネックステクノロジーズの強み

ビーネックステクノロジーズは様々な強み・特徴を持っています。

エンジニアや求職者ひとりひとりが活躍できるフィールド

希望や志向、経験やキャリアに合わせて幅広い領域から就業先を選べる環境づくりを行なっています。

多様な人材と顧客ニーズをつなぐ営業体制求職者に対してはこれまでの経験や今後の目指すキャリアの方向性などをヒアリングし、最適な配属先を提案します。また、クライアントにとっては派遣するエンジニアが実力を発揮し、活躍することができるも人材の提案を行っています。

多様な人材の活躍を支えるサポート体制

エンジニアをサポートする、多彩なフォローアップと支援制度を設けています。例えば、入社時研修では、ビジネスマナー、安全教育(5S)、社内規定・ルール、キャリア形成計画の立て方など、
全社員を対象に行います。また半年に一度、キャリアブラッシュアップ研修もあります。e-learningなどを活用し、取り組む業務内容や習得すべき知識・技術の明確化、半年後に計画の実施度合いを振返ります。その他にも、提携機関での研修受講、自主勉強会費補助、通信教育講座、資格取得補助などが用意されているようです。

まとめ

今回本記事ではビーネックステクノロジーズのビジョンや特長について調査を行いました。エンジニアの不足が心配される中、エンジニアのキャリアを応援する会社は、社会的にも今後ニーズは増えていきそうです。また、SDGsへの取り組みなど、新しいモデルも取り入れるなど、「次」を重視する会社であることがわかりました。

会社概要

本記事はPR記事です

企業カテゴリの最新記事