不動産投資は難しい?マンション経営の実態とメリットをご紹介

不動産投資は難しい?マンション経営の実態とメリットをご紹介

投資の手法の一つである不動産投資ですが本当に儲かるのか?

マンション経営をはじめて3年経つ私が、マンション経営についてまとめました。

マンション経営とは?

マンション経営とは、マンションを購入して第三者に賃貸することで家賃収入を得ることです。つまりマンションのオーナーになると言うことですね。マンション経営は、少ない資金から始めることが可能ということもあって、20~30代の若いうちから始める人も増えてきています。

マンションを購入する際、ローンで購入する人がほとんどですが、月々の家賃収入でローンの返済はまかなえます。ローンが払い終わった後は、家賃収入の全てが安定的・継続的に収入として入ってくるため、安定した収入を得ることが可能です。老後の生活をしていく上で年金生活だけでは不安、という方もマンション経営をしている方は多いです。

実際どれくらいの収入になる?

例えば、全8部屋のアパートを建てて、1部屋家賃10万なら、月間80万・年間960万の収入が増えます。全20部屋のマンションを建てて、1部屋家賃15万なら、月間300万・年間3600万の収入が増えることに。もちろん、ローンを組んで購入していればその収入からローン返済をする必要があるので収入が丸々利益とはなりませんが、ローンを完済すればほぼ利益になるので非常に魅力的な投資です。

しかし、これはあくまでも満室だった場合なので、長期的に安定した賃貸経営を行うためには、優秀なパートナー(企業)を見つけることがポイント。不動産業界に精通していれば話はまた別かもしれませんが、不動産投資を始める人のほとんどは素人です。私ももとは素人でした。マンション投資はマンションを購入すれば必ず儲かるということはありません。信頼できるパートナーと二人三脚で経営をしていくのが成功するポイントです。

マンション経営をするメリット

少ない資金から始められる

敷居が高いと思われがちなマンション経営ですが、そんなことはまったくありません。案件によっては数千円から始めることができます。

家族のために資産を残せる

自分のためや家族のために資産形成をしたいと考える方はたいへん多いです。


マンション経営における資産形成は、建物が劣化しても土地という資産が残ること、自身で使用する・他人に貸す・事業を行うなど様々な手法を選択出来ること、万が一の場合は売却して現金に出来ること、など多くのメリットがあります。

子供や孫の代まで、末長く継承出来るような資産を手に入れましょう

老後の定期収入に

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によれば、たとえば700万円以上、1,000万円未満の年収の世帯の場合、老後に必要とされる最低限の生活費は毎月23万1千円で、ゆとりのある生活費は毎月37万1千円。 ゆとりある老後のためには、毎月14万円を上乗せする必要があるという結果がでています。

貯蓄や退職金、年金でなんとかなると思われがちですが、それらだけに頼っていれば安泰という時代でもなくなっています。満足いくゆとりのある生活をするためには、その他の収入源を作っておかなければいけません。マンション経営であれば、定期的、継続的に家賃収入を得ることができます。また、価値のある物件なら、家賃の値上がりにも期待できます。

生命保険としても活用できる

ローンでマンションの購入をしたいけれど、万が一自分に何かあった時、ローン返済はどうなるのか不安という方がいると思います。しかし、マンションの住宅ローンと保険はセットになっているので、もしもあなたの身に何かあっても、それ以降のローン返済は免除されることになっています。

もちろん、遺された家族にはその後も安定した家賃収入が保証されますし、売ってしまって現金を得るという方法も選べます。このように、マンションは生命保険としても考えることもできるのです。

節税効果がある

収入が増えることによって所得税が増えることを心配する人もいるでしょうが、不動産所得とその他の所得(給与など)を合わせて確定申告する事によって、所得税が下がる可能性があります。

また、所得税を節税することが出来れば、住民税も減らすことができます。所得税が下がれば、住民税も下がる仕組みなので、まずは所得税に目を向けましょう。

そして、相続税も抑えることができるのです。土地の上にアパートなどの建物を建てると、土地の評価が下がって、税金が安くなる可能性があります。

このように様々な税金を抑えることができる不動産投資はメリットの多い投資と言えるでしょう。

アパート経営<<マンション経営?

一回の修繕費やメンテナンス費用は、マンションに比べてアパートの方が低価格で済むかもしれません。しかしながら、アパートは構造素材がマンションよりも簡素なこともあって、劣化が早いのが難点です。一度のメンテナンス費用は安くても回数が増えてしまうのです。


また、セキリュティもマンションの方がしっかりしているので、アパートだと女性の入居者が入りにくく、空室になってしまうというリスクもあるのです。

空室率が低く、将来的に大きなリターンが期待できるのは、アパート経営よりマンション経営です。不動産投資は、未来のこともよく見据えて投資をしていかなければいけません。目先の安さだけで決めないようにしましょう。

マンション経営成功のカギは現地調査!

どうせマンション経営をするなら、常に満室を目指し、安定した家賃収入を得ることを目指したいですね。そのために大切なことは、事前の現地調査です。

今後の街の発展や、駅からマンションまでの間にはどんなお店があるか、公園や学校はあるか、街全体の雰囲気はどうかなど、その街をよく知っておく必要があります。そうすることで、入居者の気持ちに寄り添うことができ、所有マンションの良し悪しが見えてくるのです。不動産投資会社から色々とアドバイスを受けたりすることも有用ですが、何よりも自分の目で見て確かめ、自分の足を運んでみることが最も重要です。

マンション経営をはじめるならまずは相談を

マンション経営に興味を持ったら、まずは不動産投資会社に相談してみるのが良いでしょう。マンション経営は良質な情報収集から始まると言っても過言ではありません。

あなたもマンションオーナーの仲間入りをしてみませんか??

マンション経営についてご紹介しました。なんとなくマンション経営のことを知っていただけたのではないでしょうか。より詳しいことについては、今回ご紹介した不動産投資会社に問い合わせてみましょう!

投資にも色々な種類がありますが、不動産投資はメリットがたくさんあります。どうしても資金面や情報面で敷居が高そうなイメージを持たれることが多いですが、基本的にはマンションを選んで購入するだけ。株のようにいちいちチャートを見る必要もありません。定期的、安定的な収入があるのはやはり心強いです。

ただコツコツと貯蓄をしているだけでは大変ですし、なかなかお金は貯まりません。銀行に預けていてもお金は全くといって良いほど増えません。自分の老後のこと、家族のため、子孫のためにもぜひマンション経営を検討してみてはいかがでしょうか??

商品・サービスカテゴリの最新記事